手業が凄い若年風俗嬢

あまり得意じゃないと思っていたんです

若い風俗嬢はあまり得意ではないって思っていたんです。これはもう完全に偏見と言うか、人妻とか熟女って優しいじゃないですか。こちらのことを無条件で包み込んでくれる存在だと思うので、いつも甘えていたんですよね。でもこの前かなり若い風俗嬢だったんです。正直、緊張しました(苦笑)気後れもありましたよね。自分なんかでいいのかなっていう、お客なのになぜかネガティブになってしまいましたけど、でも若い風俗嬢でもちゃんと気を使ってこちらのために頑張ってくれるんだなってことを知れました。若い風俗嬢は自分本位でお客のことなんてあまり考えていないっていう偏見を何で自分が持っていたのかは分からないんですけど、これが完全に誤解だなってことに気付けたので、とっても有意義な時間になりました。むしろ若くて張りのある体を楽しみつつ、頑張ってくれるなら若い風俗嬢を指名した方が、結局は無難なんじゃないかなって思ったくらいなんですよね。

指名して応援するんです

風俗嬢はまずはフリーです。そして、良いなって思ったら指名する。それが自分の基本的な楽しみ方ですね。いきなり指名するケースはほとんどないんです。なぜなら、じっくりと遊びたい派なので、まずは様子見。そして次こそ自分の中で本当に楽しむ時間。そんな形で区別するようにしているんです。一度試せば、どんな風俗嬢なのか自分の体で分かるじゃないですか。そして、じゃあどうやって楽しむのか。より掘り下げるためには、どんな楽しみ方があるのか。そう言ったことが分かるようになってくると思うんですよね。でも、決して誰でも良いって思っている訳じゃないんです。そこは自分でもシビアと言うか、フリーであっても頑張ってくれた女の子に対して「次は指名しよう」と思えるんですよね。かといって、「次は指名するから頑張って」も言いません。それを出汁にするのはお客としてありかなっていう気持ちと、それでつられるようなタイプじゃなく、初めから一生懸命楽しんでくれる女の子がいいんです。